FC2ブログ

東京地裁 保全部

ここでは、「東京地裁 保全部」 に関する記事を紹介しています。

                 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ほっかほっか亭」の商標、総本部に使用権・東京地裁

日本経済新聞
持ち帰り弁当「ほっかほっか亭」の商標の使用権を巡る訴訟の判決で、東京地裁(阿部正幸裁判長)は25日、営業権を管理する「ほっかほっか亭総本部」(東京・港)に商標の使用権を認めた。ほっかほっか亭チェーンの商標権を持つプレナスは「総本部に商標使用権はない」 ...(続きを読む)



旧コクドと全日空が和解

MSN産経ニュース
両社は和解条項については公表できないとしている。1審東京地裁は昨年9月、虚偽記載の事実を告げずに全日空と株取引をした旧コクド側の不法行為を認め、請求全額の支払いを命じていた。 西武鉄道株をめぐっては、個人株主約290人が西武鉄道や旧コクドなどに計約13 ...(続きを読む)




東京地裁 裁判官

1 NHK TOTO あいのり サンスポ ドラゴンズローソンチケット 13 大江戸線 14 CANON 15 ホットペッパー 16 EPSON 17ヤマト便ヤマト運輸ヤマト便料金東京地裁は厚生労働省の健康保険法の解釈は誤りでありチケット 13 大江戸線 14 CANON 15 ホットペッパー . ...(続きを読む)


東京地裁 競売

しかし、東京地裁は78年ビンテージ・ポルノサイト | WIRED VISION 4万点以上の年代物のポルノ作品の画像コレクションを集めるレトロローンチが加入者の契約継続率で業界最高クラスを 昔のポルノに登場するバラエティに富んだ自然な肉体と、豊胸手術をし ...(続きを読む)


アルス東陽町301号室騙し売り事件5周年

引渡し後に真相を知った購入者は消費者契約法第4条第2項に基づき売買契約を取り消した。東京地裁平成18年8月30日判決(平成17年(ワ)第3018号)は東急不動産に売買代金全額2870万円及び遅延損害金の返還を命じた。 騙し売りの真相を知り、購入...(続きを読む)


【2008/04/28】20年は長いか短いか?三橋歌織の刑事責任能力の所在を問う

東京地裁(河本雅也裁判長)で言い渡される。殺害の事実には争いがなく、最大の争点は犯行時の歌織被告の精神状態で刑事責任能力を問えるかどうか。公判で鑑定医2人が「心神喪失」と評価しており、裁判所の判断が注目される。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。